会社概要|株式会社海光社

会社概要

株式会社海光社の概要・沿革

会社概要

会社名 株式会社海光社(KAIKOSHA co.,ltd.)
創立 1946年(昭和21年)4月1日
設立 1956年(昭和31年)10月16日
代表取締役社長 林宏至
本社所在地 〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町二丁目29番1号 NSKビル 海光社日本橋地図
工場所在地 〒270-1402 千葉県白井市平塚2668-26 白井第2工業団地内 海光社白井工場地図
資本金 3000万円
取引先金融機関 日本政策金融公庫
商工中金 神田支店

会社沿革

集魚灯 集魚灯

漁業を支える特殊なオモリ。海光社は世界で初めて「線状のオモリ」を漁業に応用しました。確かな品質と安定した量産体制を強みに成長を続け、本年創立70周年を迎えました。

写真は創業当時に販売していた「水中集魚灯」。海中の魚を集めるために開発されたランプで、銘板には“東京澁谷 海光社”とあります。現在は日立市郷土博物館に所蔵されています。

銘板にも刻印されている海光社のマークは創業者が考案したもので、3匹の魚が集魚灯の光に集まっている様子を表しています。


1946年4月1日 海光社水産研究所 創立
東京都渋谷区隠田にて集魚灯の製造販売開始
1956年10月16日 株式会社海光社水産研究所 設立
漁業用沈子綱を発明
1968年 株式会社海光社に社名変更
千葉県松戸市に工場建設
カーテンウエイト生産開始
1977年 千葉県印旛郡白井町(現白井市)工業団地内に工場を移設
1986年 本社を中央区日本橋室町に移転
1998年 カラスネット販売開始
2000年 EL発光ロープ「ELコード」の発明 東京都創造法認定事業に認定
2009年 本社を中央区日本橋浜町に移転
2016年 創立70周年
Copyright(c) KAIKOSHA co.,ltd.